性病への誤解とその治療方法

性病というとセックスによって感染したと早合点するものですが、そうではないこともあります。これは性病に関する誤解から生じる勘違いです。またそのようなことから浮気を疑い、パートナーを傷つけてしまうこともあります。そうならないためにも、誤解を解き、そして治療法まで知っておきましょう。

性病の誤解

セックスによって感染する病気であるという認識を多くの方が持っているからこそ、誤解が生まれてしまいます。代表的な誤解が生まれやすい性病は、膣トリコモナス症、ヘルペス、カンジダ症です。どれもセックスだけで感染するとは限りません。日常生活を送っていても、感染者との接触によって感染する可能性があります。タオルを共有したり、トイレ使うことでもその可能性があります。なにもセックスだけが感染源ではないことを知っておきましょう。

簡単に治療できる病気

HIVのような不治の病もありますが、比較的簡単に治療をすることができるのが性病です。性病として多い淋病やクラミジアは、抗生物質のクラビットを服用し続けることで完治することができます。またHIVは不治の病と書きましたが、エイズを発症させることが問題であり、発症しなければそのまま日常生活を送ることができます。このような点も性病の誤解になっていますので、正しい知識を身に着けることが求められています。

いろんなケースで感染することがある

セックス以外でも感染する可能性があることがわかったはずです。だからこそパートナーを責めないようにしてください。性病は少し厄介な特徴を持っており、感染した後、誰もに症状が出るわけではありません。そのことによって、知らずに移すこともあり得ます。以前のパートナーから移されて、現在のパートナーに移してしまうこともあります。この時間軸のせいで、浮気認定されて傷つくこともあります。現在付き合っている期間に浮気をしたわけではない可能性もまだありますので、パートナーを無意味に攻めないようにしましょう。

性病の発覚は、パートナーとの仲を終わらせることもあります。その点から見ても性病は嫌な病気であることがわかるでしょう。だからこそ正しい知識を身に着けて、パートナーを傷つけない寛容な対応を心掛けてください。

Copyright(c) 2017 クラビットニーズポイント All Rights Reserved.